ループウィラーのグラフペーパー別注スウェット、ビッグシルエットのラグランスリーブやパーカー

ループウィラー(LOOPWHEELER)から、グラフペーパー(Graphpaper)別注スウェットが登場。2018年3月10日(土)から、グラフペーパーほか全国の取扱店舗で発売される。



ループウィラーは、生地にほどよい空気が入る”吊り編み機”で全てのアイテムを製作するスウェットシャツブランド。時間をかけて編みこまれた柔らかな生地は、袖を通すたびに心地よい肌触りを実感することができる。セレクトショップ「グラフペーパー」とのコラボレーションは毎シーズン人気を博しており、今季はラグランスウェット、ジップ パーカー、ビッグTの3モデルを用意する。

復刻したループウィラーのラグランスリーブの型をベースに、ビッグシルエットで仕上げたのがラグランスウェット。性別や体型の概念にとらわれないサイズ設計により、フリーサイズでありながら、どんな人にも不思議とフィットするようなシルエットになっている。



ジップ パーカーにもそのサイズ感を採用。この2モデルにはホワイト、グレー、ブラックというベーシックカラーに加え、新色のスカーレットが登場する。鮮やかなレッドカラーが、春の装いにアクセントを加えてくれそうだ。

その他にもビッグサイズの半袖Tシャツが展開される。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/37976

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です