コートメール 2018年春夏コレクション – 柄を派手にミックス、ライブハウスで音楽と共に輝く服

コートメール(COTE MER)の2018年春夏コレクションが2017年10月18日(水)、東京・渋谷のライブハウス、ギャレット宇田川にて発表された。

ヒョウ柄、ペイズリー柄、タイダイ染めなど、とにかく多種多様な柄をつなぎ合わせたシャツやTシャツ、パンツが登場。上から羽織ったレザージャケットはスタッズやフリンジなどで装飾され、目を引くデザインに。

ストリートの解釈を広げ、背番号のついたメッシュTシャツやラインが入ったパンツで、スポーティさを演出。裏にコートメールのロゴを大きくプリントしたオーバーサイズのデニムジャケットは、路地裏でも一際存在感を放つだろう。

モデル達の頭には、クリーンな白のハットや黒のハンチングが。派手なカラーで展開するクローズに調和し、どこか落ち着きを持たせる。他にも、レザーブルゾンに登場した紅白金銀の和生地がベルトにも用いられているなど、ディテールの光る小物でスタイリングを完成させた。

最後にブルーのジャケットを着たMC、K.A.N.T.Aが登場し、モデル達も全員集合。一緒に歌って盛り上がった。「仲間うち、日常」を表現したかったというショーは、ライブハウスだからこその盛り上がりを見せ、閉幕した。

from https://www.fashion-press.net/news/34369

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です