日本初の旗艦店「スーパーコピー モンクレール 青山」がオープン!

フランスで1952年に誕生したスーパーコピー モンクレール。ヨーロッパで火がついた暖かくて軽いモンクレールのプレミアムダウンは、今では日本でも多くのファンをもつ。2006年からは、エレガントなウィメンズのファーストライン「モンクレール ガム・ルージュ」をスタート。2008年にはトム・ブラウンをデザイナーに迎えメンズのファーストライン「モンクレール ガム・ブルー」を展開するなど、意欲的なラインをつぎつぎに発表している。

日本初の旗艦店となる「モンクレール 青山」ではラグジュアリーなメンズ、ウィメンズのメインコレクションをはじめ、全ラインナップを展開。前述した「ガム・ブルー」「ガム・ルージュ」はもちろん、「sacai(サカイ)」のデザイナー 阿部千登勢氏が手がけるエレガントでエッジの効いた「モンクレール S」や、「VISVIM」のディレクター 中村ヒロキをデザイナーとして迎えた「モンクレール V」、2010年に登場した新ライン「グルノーブル」が揃い、モンクレール コピーの世界観を思う存分堪能できる店舗になっている。

メンズ、ウィメンズともに青山店限定のモンクレール ダウンジャケット コピーを発売(9月中旬以降順次展開)。バリエーションも豊富だが、売り切れ必至なのでぜひ早めにチェックしてみて。お気に入りのダウンウェアを手に入れたら、寒い冬もきっと待ち遠しくなるはず!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です