レインメーカー(RAINMAKER)は、2019-20年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを、2019年3月23日(土)に渋谷ヒカリエで発表した。

レインメーカー(RAINMAKER)は、2019-20年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを、2019年3月23日(土)に渋谷ヒカリエで発表した。

京都の香り漂う衣服

工芸や美術など、様々な文化が凝縮された街・京都を拠点にしたブランドであるレインメーカー。着物を意識し、洋服の構造に和風の表層を組み合わせたピースや、その反対に、洋の表層に和の構造を合わせたウェアを展開している。レインメーカーにとって初となる今回のショーでは、時折過去のアーカイブピースも織り交ぜながら、ブランドのアイデンティティともいえる京都の香りを漂わせ、独自の品格を見せた。

羽織りのようなアウター

象徴的なのは、羽織りのようなシルエットのコートやジャケット。スーツやワンピースなど、端正なウェアの上から着用し、ウエストの紐を無造作に結ぶことで抜け感を演出する。しなやかな落ち感の素材で仕立てているからか、着方がラフでもどこか上品さが漂っているのが印象的だ。その他、着物を思わせる縦長のシルエットを描く、ジャカードのステンカラーコートやノーカラーコートも展開。静かで穏やかながら、ウェアの1つ1つがしっかりとした存在感を放っている。

肩をドロップさせ、襟を大きくとってゆったりと仕立てたロングコートは、チェックプリント、ヘリンボーンなど温かみのあるウール地を採用。目の大きいチェックプリントのコートは、縫い目をあえて表に出し、裁ち切りで仕上げることで、ミニマルな雰囲気の中にクラフト感をプラスした。

服地の流れに変化を

コートの上からニットを着用したり、ベルトやストールでウエストマークしたりと、服地の流れを変えメリハリをつけたスタイリングも多数登場。緩やかなドレープ感のグレーのセットアップは、華奢なベルトを締めることで凛とした表情に。オーバーサイズのアクティブなフーデッドジャケットにも細めのベルトを組み合わせ、全てのアイテムを黒に統一することで、優雅でシックなスタイルを構築している。

鮮やかな蝶の刺繍

鮮やかな色彩の蝶のモチーフは、以前のコレクションでもコラボレーションしてきた、京都の絵師とタッグを組んだデザイン。流れるようなガウンコートのバックスタイルや、サコッシュバッグに刺繍で表現され、スタイリングに華やかなアクセントをもたらしている。

from https://www.fashion-press.net/news/48321

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です