大人っぽい質感溢れるディオールDIORブランド高品質新作ジャケットが限定発売

2月12日は、ディオール(DIOR)の「バー」ジャケットが誕生した日。「バー」ジャケットは、1947年の誕生以来長らく、メゾンの、ひいてはファッション界のエレガンスを体現してきたディオールのアイコン的アイテムだ。

店頭では、マリア・グラツィア・キウリ手掛ける最新の「バー」ジャケットだけでなく、定番的な「バー」ジャケットを含むカプセルコレクション「30 モンテーニュ」を展開。アイコンアイテムの誕生日を迎えるにあたって、ディオールはその魅力を改めて伝えるべく、製作の裏側も公開した。

ディオールのアイコン「バー」ジャケットとは?

Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior. 
© Associations Willy Maywald  ADAGP, 2020
Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior.
© Associations Willy Maywald ADAGP, 2020

マルセル・ブサックの支援を受け、40歳でようやく自身のブランドを立ち上げたクリスチャン・ディオール。第2次世界終戦後間もない1947年2月12日、当時の女性たちが渇望した贅沢でエレガントなファッションを体現したのが、クリスチャン・ディオール初のオートクチュールコレクション提案した“ニュールック”だった。

Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior. 
© Photo Pat English
Bar suit, Haute Couture Spring-Summer 1947 collection by Christian Dior.
© Photo Pat English

コレクション発表の衝撃は“ニュールック革命”とも呼ばれるほどで、「バー」ジャケットは、そのスタイルに欠かせない存在とされた。キュッと引き締まったウエスト、なだらかなショルダー、ヒップを強調するペプラム、そして大きく開いた首元。女性の美しさを強調する要素を併せ持ち、以来、変わらずメゾンのアイコンとして知られている。

約150時間を経てアトリエで完成

「バー」ジャケットは、まるで女性の身体の形をそのまま再現するかのような滑らかなシルエットが特徴。それは約150時間以上の時をかけてアトリエの職人たちが作りあげていく。公開された動画では、デザイン画の作成から、パターン作成、裁断、仮縫い、縫製、ボタン付けの様子までを映し出している。

マリア・グラツィア・キウリ手掛ける最新の「バー」ジャケット

© Morgan O’Donovan
© Morgan O’Donovan

「バー」ジャケットは、エレガントなシルエットを保ったまま、素材や装飾を変え、歴代のデザイナーによって再解釈され続け、進化した形で展開されている。現在、ディオールのウィメンズ アーティスティック ディレクターを務めるマリア・グラツィア・キウリも、彼女なりの解釈によってあらゆるデザインの「バー」ジャケットを提案している。

2020年リゾートコレクション

2020年リゾートコレクションより
2020年リゾートコレクションより

例えば、ムッシュ ディオールの最初の後継者イヴ・サンローランが愛した場所、マラケシュで発表した2020年リゾートコレクションでは、ジャングルを想起させるジャカード織のテキスタイルを用いて、パワフルに表現。エネルギッシュな自然のパワーを纏うことで、エレガントなだけではない「バー」ジャケットを完成させた。

2020年春夏ウィメンズコレクション

ディオール 2020年春夏ウィメンズコレクションより
ディオール 2020年春夏ウィメンズコレクションより

パリで発表したディオール 2020年春夏ウィメンズコレクションでは、マリア・グラツィアらしい繊細な表現を加えてよりフェミニニティに昇華した。例えば、メンズライクなハウンドトゥースでつくるジャケットは、首元を通常より大きく開き、ファブリックとは対照的な官能的シルエットを魅力に。レースのスアートとレーアップのエスパドリーユを組み合わせて、新しい“ニュールック”を提案している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です